独自にサイバー攻撃観測環境を運用しており、得られたデータの分析をセキュリティ対策に役立てるよう取り組みを行っております。

インターネットセキュリティデータをタイムリーに提供

kr:ns導入でできること

インシデント分析

インシデント発生時の分析や対応優先順位の決定の際に参照データとしてご活用いただけます。

フィルタールール

通信のフィルタルール生成、メンテナンスの際の参照データとしてご活用いただけます。

​セキュリティ研究開発

オプションとして提供するサイバー攻撃観測データを研究開発にご活用いただけます。

kr:nsサービス概要

お客さま

kr:ns

お客さまはご自身がお持ちのIPアドレスがMaliciousなものであるか、Web APIにより問い合わせます。

お客さまは、返却されたデータをインシデントの分析等に活用します。

kr:nsはサイバー攻撃観測を行い、得られたデータの分析を日々行っています。 これにより悪性と疑われる(Malicious) IPアドレスを得ることができます。

kr:nsは問い合わせたIPアドレスがMaliciousであった場合、そのIPアドレスが関連すると観測されたデータについて、kr:nsの分類、観測回数等を集計して返します。

kr:ns